「あなたの胃袋に王手!」山形県天童市に屋台村「と横丁」グランドオープン!

将棋駒と温泉の街として知られる山形県天童市の天童温泉街に、2020年1月18日(土)あらたな観光拠点となる屋台村「と横丁」がグランドオープンしました。‌


天童市に1月18日(土)オープンした屋台村「と横丁」正面‌

温泉街の中心地に出現した地域交流型の屋台村「と横丁」。天童市らしく、入り口では将棋の駒のアーチが出迎えてくれます。名称の由来ともなった「と」は、将棋の歩兵が敵陣で「と」と成り、「金」のように全方位に発展していく、という思いがこめられています。‌

また、敷地内には将棋盤が掘られたテーブルなどもあり、「と横丁」を訪れた方々が、お酒と料理を片手に対局する光景もこれから見られるかもしれません。‌


敷地内に点在する、将棋盤が掘られたテーブル‌

戦国時代の武家屋敷のような外壁に囲われた「と横丁」には、地元山形の素材を活かした寿司、そば、鉄板焼きなどバラエティに富んだ飲食店が8店舗あり、国内外の観光客の胃袋を満たしてくれます。温泉街を下駄でカランコロンと闊歩しながらちょっと一杯、そんな気軽さで立ち寄ってみませんか。‌


オープン初日、18:00から一般のお客様にも公開され、賑わう店内‌

オープニングセレモニーは、約80名の関係者が出席。主催者挨拶として登壇した、押野茂さん(株式会社天童ホテル 代表取締役社長)は、「このプロジェクトは、観光客が下駄を鳴らしながら天童温泉街を楽しんでいた頃の音を復活させたい、という思いから、5年前にスタートしました」とコンセプトについて語り、「つくることが目的ではなく、天童の賑わいに繋がるような施設にすることが目標、8店舗の店主たちとも協力しながら盛り上げたい」と意気込みを語りました。‌


株式会社天童ホテル 代表取締役社長 押野 茂‌

セレモニーに駆けつけた、遠藤 利明さん(衆議院議員)は、「地域のみなさまと観光客が交流できる場ができたことは嬉しく、味のある場所ができたと思います。インバウンドの旅行客が増えている中ですが、こうした天童の賑わいが外国人旅行客にも魅力となってくれると嬉しいです」とコメントしました。‌


衆議院議員 遠藤 利明さん‌

「と横丁には、天童温泉を訪れる日本中、世界中のお客様だけではなく、地元の方々にも喜んでもらえる施設にしたい」と挨拶をした、山口 敦史さん(天童温泉共同組合理事長 株式会社DMC天童温泉 代表取締役社長)は、「地域に根差し、100軒以上もある地元のナイトタイムの活性化にも繋がるような存在を目指します」と続けました。‌


天童温泉共同組合理事長 株式会社DMC天童温泉 代表取締役社長 山口 敦史‌

最後に登壇した、「と横丁」初代村長の赤塚 弘行さん(天童温泉屋台村 と横丁「鉄板 紅亀」オーナー)は、「地元の方々や店舗同士手を取り合って、食の交流を通した天童の魅力、天童温泉の魅力、山形県、そして日本の魅力を発信していけるような場所にしたい」と、「と横丁」にかける思いをコメントし、「将棋とフルーツの町、天童。あなたの胃袋に王手!」というスローガンでセレモニーを締めくくりました。‌


天童温泉屋台村 と横丁「鉄板 紅亀」オーナー兼屋台村初代村長 赤塚 弘行さん‌


鏡開きで「と横丁」のオープンと今後の発展を祈念‌

■天童温泉屋台村 「と横丁」‌
URL:https://www.tendodays.com/
山形県天童市鎌田本町1丁目‌
※交差点の大きな「王将」の将棋駒が目印です。‌

【店舗一覧】‌
・創作料理とおでん「創作屋台 湊と」‌
・鉄板焼き「鉄板 紅亀」‌
・韓国料理「KOSPA」‌
・鮨、天ぷら「左馬」‌
・ホルモンマニア「ホルモン焼き 豚豚亭」‌
・そば居酒屋「山形そば居酒屋 七色」‌
・唐揚げ居酒屋「こちら天童市天童温泉街 もり達出張所」‌
・焼き鳥「やきとり くし童」