将棋のまち天童に「駒パフェ」誕生!!

コマノミクス第5弾、始動!
天童商工会議所が事業展開している「コマノミクス」から新たな駒商品が誕生!アイス、カレー、こんにゃく、板そばに続き、今度は「将棋(こま)パフェ」です!!

それが、こちら!


抹茶ベースの将棋パフェ

天童産がてんこもり!
新商品を開発したのは、天童市内の王将果樹園を運営するやまがたさくらんぼファームさん(矢萩美智社長)「果樹園×将棋」をコンセプトに、天童らしい食材が大集合!トーフセンター高橋さんの将棋こんにゃく、盛寿庵さんの将棋もろこし、緑茶園さんの抹茶、山寺で人気のCOZAB GELATOさんの抹茶ジェラート、王将果樹園オリジナルのせんべい、ラフランス5656ゼリー、そして季節のフルーツ(今は、さくらんぼ♪)が乗った和風のパフェに仕上がっています。

天童織田藩と茶の歴史
天童は、歴史的背景に織田藩とのつながりがあります。織田長益は千利休に茶を学び、有楽流の始祖でもあります。織田家とお茶は切っても切れない縁があります。そういった歴史も具現化されたのが今回開発された「将棋(こま)パフェ」なのです!‌

攻めの姿勢が生んだ逸品!
パフェにこんにゃく?せんべい?と思われそうですが、これがまた意外と合うんです!さらに、パフェの底には王将果樹園オリジナルのラフランスのゴロゴロゼリーが入っており、抹茶との組み合わせもよく考えられています!天童市は、ラフランスの生産量日本一でもあり、そのPRにもつなげていきたいとか…。兎にも角にも、日本の伝統的な茶と数々の天童産がマッチして、日本人にも外国人にも人気がでそうな「将棋パフェ」が完成しました!

どこで食べられるの?
2019年5月25日から、王将果樹園のカフェにて800円でお試しいただけます!これからさくらんぼ狩りのシーズンが到来します♪同果樹園では、温室さくらんぼ狩りも行っており既に多くの方で賑わっております。季節のフルーツと合わせて、天童の歴史と食文化を体現した「将棋パフェ」を是非ご賞味くださいませ♪