寒中挽き抜きそばまつり

イベント開催日

2020.02

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

将軍家に献上した寒中挽き抜きそばを味わう!

?寒中挽き抜きそばとは?
江戸時代末期、天童はそばの栽培がさかんでした。当時の藩主で織田信長公の子孫である、天童織田藩第11代藩主織田信学がこれを特産品として将軍家に献上したのが”寒中挽き抜きそば”です。秋に収穫した新そばを1番寒い時期に挽いて作ることから、”寒中挽き抜きそば”と呼ばれています。令和2年1/14には、当時のイメージを再現しながら、建勲神社で奉納奉告祭が行われます。色は白っぽく、コシが強いのが特徴です。‌

?どこで食べられるの?
令和2年1/15(水)~2/29(土)の間、”寒中挽き抜きそば”ののぼり旗のある8店舗で味わうことができます。1/14には賞味会が開催され、前売り券を購入すると、寒中挽き抜きそばを60分間食べ放題で楽しむ事ができます。前売り券は12/7の9時~15時に、天童商工会議所で販売いたします。‌




↑クリックすると拡大します

開催日 1月15日(水)~2月29日(土)
開催場所 賞味会:ほほえみの宿 滝の湯
店舗:伊藤屋、手打水車生そば、そば処丁才、手打ちそばやまぶき、そば処吉野家、まさもりドライブイン、天童高原、やぶそば
料金 賞味会:1500円(60分食べ放題)
お問い合わせ 天童商工会議所:023-654-3511